マイナンバーを使用した確定申告はいつから?今までと何が違うの?

マイナンバーを使用した確定申告はいつから?今までと何が違うの?

マイナンバーの導入で大きく変わるものの
一つに確定申告があります。
でも、具体的に何がどう変わるのか、
まだ知らない人もいるのでは?
そこで、マイナンバーを使用した確定申告について調べてみました!

マイナンバーを使用した確定申告はいつから出来るの?

まずはマイナンバーによる申告書や税金の
種類別導入スケジュールを見てみましょう。

         
  • 所得税や贈与税
    平成28年分の申告書から
  • 法人税
    平成28年1月1日以降開始する事業年度に係る申告書から
  • 消費税
    平成28年1月1日以降開始する課税期間に係る申告書から
  • 相続税
    平成28年1月1日以降の相続または遺贈に係る申告書から
  • 源泉徴収票
    平成28年1月以降の琴線用の支払いに係るものから

 
上記のスケジュールにより、
マイナンバーを使用した確定申告は平成28年分からと言うことになります。
平成28年分の確定申告は平成29年の2月~3月の間におこなわれます。
ただし、平成28年分の準確定申告書(亡くなった方の確定申告)に関しては
28年中に提出するものからマイナンバーを提出する必要があります。

マイナンバーの使用によって確定申告はどう変わるの?

マイナンバーの使用で大きく変わるのが添付書類の大幅な削減です。
確定申告にはたくさんの添付書類が必要ですよね。
レシートをとっておいたり、いちいち役所から住民票をとって
添付書類を作成してもらったりと何かと面倒でしたが、
マイナンバーを使用することでそう言った手間が省けるようになるんです!

現時点で確定申告における添付書類が不要になるものは以下の通りです。

  • 医療費控除
  • 国民保険および年金保険の証明
  • 源泉徴収票

 
これらの書類はマイナポータルで確認することが出来、
確定申告の際にまとめて取り出して提出することが出来るようになるようです。

医療費のレシートをすべて保管し提出する必要もないし、
源泉徴収票を会社からもらい忘れたり紛失したりして
役所に再発行してもらう必要もなくなります。

今後も様々な添付書類をマイナポータルで確認することが出来るようになれば、
ますます確定申告が簡単になってきますね!

まとめ

マイナンバーの導入で確定申告は今までよりも手軽にできるようになります。
また、今まで申告していなかった人も簡単に取り締まれるようになるので、
今まで申告したことがないという人はマイナンバー導入をきっかけに
きちんと申告するようにしましょう。

マイナンバーのシステム上、
過去の無申告が見つかったり家族等に知られるということはなさそうですが、
本来ならばきちんと申告するものですのですからね。

漫画を無料で読みたいなら・・・


漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む



マイナンバーを使用した確定申告はいつから?今までと何が違うの?

このマンガが気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です