マイナンバーで犯罪歴がバレる!? デメリットが多いというのは本当なの?

マイナンバーで犯罪歴がバレる!? デメリットが多いというのは本当なの?

ネットやメディアで様々な情報が飛び交うマイナンバー制度。
デメリットばかりに目を向けがちですが
メリットっていったいどんなものがあるの?

そう思った人のために、今回はマイナンバーの
メリットとデメリットについて調べてみました。

マイナンバーのメリット

  • 行政での書類提出の手間がなくなる
    マイナンバーを提示するだけで申請,
    申告に必要な添付書類が省略できるるようになります。
  • 行政の業務作業が軽減
    情報の照合・転記作業などの時間が省略でき、
    窓口の負担が軽減されます。
  • 公正に給付、公平に負担
    マイナンバーによって税務、収入、
    家族構成が把握できるようになります。
    これにより、脱税や各種給付金などの支給漏れを管理しやすくなり、
    公正に支給され公平に納税させられるようになります。

マイナンバーのデメリット

  • 初期費用が莫大
    制度導入に約2900億円という莫大な費用が掛かっています。
    初期費用だけでなくサーバー代、メンテナンス費用、
    ウィルス対策費用を含む年間の維持費に300億円もかかるというのだから、
    マイナンバー制度を疑問視する声が多く上がるのも頷けますね。
  • 情報の漏えい
    マイナンバー制度に似たような制度がある海外では
    度々個人情報の漏えいについてメディアで取り沙汰されています。
    それにより、日本でも同じようなことが起こるのではないかと
    懸念する声が多く寄せられていますね。

    このことについて行政は、役所ではマイナンバーは一元管理ではなく
    分散管理
    をすることで情報の漏えいを防いでいるという見解をしています。
    分散管理することで本当に防げるのかは
    実際に導入されてみないと分からないので何とも言えませんね。

  • 務員の内部犯行化
    前述の情報漏えいに付随したことですが、管理する側の人間によって
    情報が故意に漏えいされるという可能性もないわけではありません。
  • 企業での管理体制
    就職先でも給与の支払いの関係上
    マイナンバーの提示を求められるようになりますよね。
    今までのように履歴書をファイリングしておくだけでは
    管理は不十分と言えるでしょう。

    マイナンバーを預ける側も不安ですが、
    預けられる企業側からも不安視する声が上がっています。
    今一度、管理体制を徹底する必要がありそうです。

  • 個人番号カードを落としたときの危険性
    マイナンバー通知カードを失くした!発行の手続きってどうしたらいいの?
    の記事でも記述しましたが、マイナンバーだけを盗まれても
    悪用される事態にまで発展することはありません。

    何故ならマイナンバーとは国民の背番号のようなもので、
    各種手続きにはこの背番号のほかに
    本人確認できるものを提示する必要があるからです。

    しかし顔写真・ICチップ付きである個人番号カードは
    それ1枚で本人確認まで出来てしまう、
    1番信頼できる身分証明書です。

    そんなものを落としたら大変ですよね。
    個人番号カードについてはもう少しセキュリティ面を
    強化させる必要がありそうです。
    例えば指紋認証をつけるとか。

    また、万が一落としてしまい情報が漏えいしてしまった場合の
    補償はどうなっているのか、不明な点が多いですよね。
    今現在では個人番号カードの申請は義務ではないので、
    しばらく様子を見てから申請する方が良さそうです。

  • 新たな犯罪が生まれる
    オレオレ詐欺に次ぐ新たな犯罪が生まれるのではないかと言う懸念の声があります。
    マイナンバーは生まれたばかりの赤ちゃんから老人まですべての人に与えられますから、
    自己管理能力の低い子供や老人をターゲットにした犯罪が生まれてもおかしくはないですよね。

マイナンバーで犯罪歴がバレるって本当?

この記事を読んでいる人で犯罪歴のある人はそう多くはないと思いますが…。
マイナンバーの情報に関しては様々な憶測が飛び交っているので
不安になってしまうのは仕方がないことですよね。

結論から言うと、マイナンバーで犯罪歴がバレるということはあり得ません。
そもそもマイナンバーは社会保障や税、災害対策の分野における
各機関の連携をスムーズにするために導入された制度です。

ですから市町村や年金機構、保険組合など各機関が管理していた個人情報は
今まで通り分散管理をし、すべての個人情報が番号一つで把握されるわけではないんです。
また、マイナンバー制度を導入する際にはプライバシーの問題を一番に重要視した結果、
将来的にもマイナンバーと犯罪歴が紐つけされるということはあり得ないそうです。

まとめ

こうやってメリットやデメリットを挙げてみると、
メリットはマイナンバーを付与された私たちと言うより、
行政が私たち国民を管理しやすくするためのものと言う見方が強まりますね。
ますます不安になってきました。

しかし、マイナンバーを導入することで今まで完全に縦割りだった行政にも
横のつながりが出来、こっちで住民票を取得してあっちで○○の申請書を提出して…
と言う役所間でのたらい回しに合わなくて済むと考えると、
役所嫌いの筆者も前向きに役所へ出向いて各種申請をする気になります。

また、日本のマイナンバーは海外の制度とは違い番号一つで
何でも情報を取得できるようにはなっていないので、
海外事例を見て必要以上に不安がる必要もなさそうです。
もう始まってしまったマイナンバー制度、不安がってばかりいるよりは
対策を立て前向きに付き合っていけるようにしたいものです。

漫画を無料で読みたいなら・・・


漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む



マイナンバーで犯罪歴がバレる!? デメリットが多いというのは本当なの?

このマンガが気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です