マイナンバーって何? そもそも何のためにするの?

マイナンバーって何? そもそも何のためにするの?

皆さんはマイナンバーについてどこまで知っていますか?
すでに私たち一人ひとりに割り振られているというのに、
いまだに知らないことが多いのではないでしょうか。

そこで今回はマイナンバーの基本的な情報について調べてみました。
大切な個人情報であるマイナンバーについて、
少しでも理解していただければ嬉しいです。

マイナンバーって何?

マイナンバーとは住民票を持っているすべての人に割り振られる
数字のみ、12桁で構成された番号で、
住んでいる市区町村長によって割り振られます。
この番号は一度割り振られると生涯変わることのない番号です。

平成27年10月5日の時点での住民票コードに基づいてマイナンバーは作成されますが、
マイナンバーから住民票コードを割り出すことは出来ません。
ですからマイナンバーを他人に知られたくらいでは
個人情報が漏えいするということはないようです。

住民票コードに基づいて作成されるなら
住民票コードをそのまま使っても良いのでは?と思う人もいるのでは?
実はこの住民票コード、元々マイナンバー制度を想定して作られたものではないんです。
なので、住民票コードをマイナンバーとしてしまうには不安を払拭できないという理由で
新しく番号を振り分けることになったそうです。

また、パブリックコメントでも新しく番号を振り分けてほしいという
声が多かったという理由もあるようです。
国民の意見が反映された結果のようですね。

何のためにするの?

このマイナンバー制度、いったいなんのために実施されるのでしょう?
マイナンバー制度は社会保障、税、災害対策の分野で使用するためのものです。

私たちは様々な機関において個人情報を預けていますよね。
その個人情報を自分のものであると証明するためには、
今までは氏名、住所、生年月日などをパソコンや人の目で照らし合わせて確認していました。
しかし住所や氏名は引っ越しや結婚などで変わってしまうし、
名前の漢字が違うだけで別人の情報を誤って引き出してしまう危険性がありました。

そこで、複数の機関に存在する個人情報が
同一人物の情報であると迅速かつ正確に確認するため
に割り振られた番号なのです。
また、災害時には行政が被災者支援のために利用する番号でもあります。

いつから開始なの?

マイナンバーが割り振られるのは平成27年10月5日からで、
順次市区町村から住民票の住所に簡易書留で郵送されます。

マイナンバーを利用できるのは平成28年1月以降で、
社会保障、税、災害対策の分野での使用ができるようになります。
例えば確定申告を行う場合、平成29年2月から3月に行う
平成28年分の申告からマイナンバーを記載することになります。

まとめ

今はまだ社会保障、税、災害対策のみでしか使用が出来ないようですが、
今後このマイナンバーが民間でも使用されることが想定されているそうです。
そうなると、番号一つですべてを管理できるのかという不安もありますよね。

しかしマイナンバー制度を導入することで、
たくさん存在する情報が一元化され管理しやすくなり、
誤った情報漏えいを防ぐことにつながるのも事実です。

私たち一人ひとりがしっかりとマイナンバーについて勉強し、
理解することが必要なようです。

漫画を無料で読みたいなら・・・


漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクがあります。

でも、どうしても無料で読みたい。

そんな時は「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

じゃあ、漫画は関係ないのでは?

そう思うかもしれませんが、
実はU-NEXTでは漫画も読むことができるんです!!

しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができますよ!

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃうんです!

U-NEXTで漫画を無料で読む



マイナンバーって何? そもそも何のためにするの?

このマンガが気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です