暴力の都のネタバレや感想! 無料で試し読みならココ!

今回は『暴力の都』というマンガをご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

私はここで読みました♪ 「暴力の都」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まんが王国で『暴力の都』を無料で立ち読み

PCの方はこちら↓↓
BookLiveで『暴力の都』を無料で立ち読み

「電子書籍ってなんだかよく分からない、、、安全なの?」
まんが王国について詳しく知りたい方はこちら↓↓
【まんが王国】の情報をまとめ見た

 

あらすじ

「視聴率が上がるためならどんな方法でも使う」そんな型破りなニュースキャスター、木戸重光の活躍を描きながら、テレビ報道の裏に広がる闇の部分に迫っていく社会派の物語です。

極端な発想で、時には強引な手法を使う木戸は、周囲に敵を作りながらも報道の現場でニュースの真実に突き進んでいきます。

テレビという巨大なメディアを「暴力」と考える木戸、自称「暴力の都に君臨する王」の波乱万丈な物語からは目が離せません。

ネタバレと感想

一見すると、荒唐無稽なストーリーに感じるかもしれませんが、報道の現場に携わる人間なら、少しはこういう気持ちを持って仕事をしているのかな、と勝手な推測をしてしまいました。

公共の電波をまるで我が物のように扱い、視聴率が上がりそうなニュースは何が何でも報道し、抗議の声にも耳を傾けることのない木戸の行く末には、読んでいて期待感と不安感が起こります。

木戸の持つ、狂気を感じるほどの真実への熱意と、そこまでやるの?と思ってしまう手法には、もしかすると好みがはっきりと分かれるのかもしれませんが、大人なら是非読んでほしい作品だと思います。

目を塞ぎたくなるような社会の暗部に入り込んでみたり、見たくもないスキャンダラスな記事のためなら、自らをも囮に使うジャーナリズム精神には、読んでいて夢中になってしまいました。

「視聴率が上がらないことは死ぬことと一緒だ」と周囲のスタッフと揉めたり、扱うニュースをプロデューサーの許可を取らずに生で放送してしまう場面なんかは、臨場感バツグンですよ。

アナウンサー出身ではなく元俳優という異例の経歴を持つ木戸だからこそ、既存の報道体制と真正面からぶつかり合う姿にはカッコよさを感じてしまいます。

テレビ業界出身じゃないからこそのやり方で、業界のヤラセを逆手に取ったりと、現実にはなかなかありえない展開もありますが、緊張感のあるシーンが続々と出てきますのでお楽しみに。

もちろんフィクションなのですが、作品の中に出てくる事件の数々が、実際に起こった過去の事件に似ている点なども興奮してしまう事間違いなしです。

ちなみに、破天荒な行動を取り、ニュースの裏側まで一直線に突き進むといった木戸の、意外な恋愛事情も読んでいくと明らかになってきますので、ぜひ期待してください。

詳しい内容はあなたの目で確かめてみてくださいね♪

私はここで読みました♪ 「暴力の都」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まんが王国で『暴力の都』を読む

PCの方はこちら↓↓
BookLiveで『暴力の都』を読む

「電子書籍ってなんだかよく分からない、、、安全なの?」
まんが王国について詳しく知りたい方はこちら↓↓
【まんが王国】の情報をまとめ見た

 

こんな人におすすめ♪

報道などで日々のニュースに関心を抱いている方はすんなり読める作品だと思いますが、少しダークな部分を持つ作品だと思うので、ミステリーやサスペンスがお好きな方にも是非読んでいただきたいです。

もしかすると、読むとワイドショーなどの見方が変わってしまうかも!それほど衝撃を受ける作品です。

ぜひ、一度読んでみて下さい!
きっと心に残る漫画の一つになるはずですよ♪

私はここで読みました♪ 「暴力の都」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まんが王国で『暴力の都』を読む

PCの方はこちら↓↓
BookLiveで『暴力の都』を読む

「電子書籍ってなんだかよく分からない、、、安全なの?」
まんが王国について詳しく知りたい方はこちら↓↓
【まんが王国】の情報をまとめ見た

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です