クピドの悪戯 「虹玉」のネタバレや感想! あらすじもアリ!

今回は『クピドの悪戯 「虹玉」』というマンガをご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

私はここで読みました♪ 「クピドの悪戯 「虹玉」」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まんが王国で『クピドの悪戯 「虹玉」』を無料で立ち読み

PCの方はこちら↓↓
BookLiveで『クピドの悪戯 「虹玉」』を無料で立ち読み

あらすじ

21歳にして童貞の主人公「睦月 智也(むつき ともや)」

彼は童貞のままと処女で結婚する事をモットーとしており、気づいたらこんな歳に。

そんな彼は仕事中に出会った「大倉 怜子(おおくら れいこ)」に恋をして恋愛が始まりそうになる。

しかし、彼は射精の回数が限られてしまうという謎の奇病「後天性射精機会損失症候群」に侵されていた。

はたして彼の恋愛の行方は・・・?

ネタバレと感想

この漫画は純愛ラブストーリーにちょっとSFを混ぜたようなストーリーの漫画です。

この漫画の主人公の名前は「睦月 智也(むつき ともや)」

彼はSEXや結婚に対して非常に大きな夢をもっていました。

それは

「童貞と処女で結婚する事」

あまりにもその願望が大きすぎたせいで結局のところ21歳まで童貞という結果に・・・。

しかし、彼の周りに女っ気がなかった訳ではありません。

同級生で現在はOLとして働く「桐生 麻美(きりゅう あさみ)」や、今の仕事で出会った「大倉 怜子(おおくら れいこ)」など、そこそこ周りには女性がいます。

これは、智也と怜子と麻美の三人が繰り広げる純粋ラブストーリーです。

ただ、普通のラスストーリーと違う点は主人公は「後天性射精機会損失症候群」という架空の病気にかかってしまうという点。

この病気はなんと射精のときに玉が出てきて、その玉が赤色になったら男性としての機能が不能になるという非常に変わった設定の病気です。

最初のうちは取引先の社長の娘である怜子に恋をして、極々一般的なラブストーリーがはじまるかとおもいきや、直ぐにその謎の気病である後天性射精機会損失症候群に罹患していると発覚します。

それからというもの今まで以上にSEXに対して慎重になる智也。

これはそんな射精回数が残り僅かになってしまった男が送る純粋ラブストーリーです。

詳しい内容はあなたの目で確かめてみてくださいね♪

私はここで読みました♪ 「クピドの悪戯 「虹玉」」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まんが王国で『クピドの悪戯 「虹玉」』を読む

PCの方はこちら↓↓
BookLiveで『クピドの悪戯 「虹玉」』を読む

こんな人におすすめ♪

射精の回数が限られてしまうという中々面白い設定のストーリーです。

これは是非男性の方に読んでもらいたい漫画ですね。

最近はネットで処女の女性しか愛せない「処女厨」と呼ばれている人たちが多いですが、やはり男性は心の奥底には処女に対しての信仰心みたいなのがあるのかもしれませんね。

ただ、アナタやアナタのパートナーがもし「あと7回しか精子を出せませんよ」といわれると、みなさんは一体どういう行動をとりますか?

そうなるとやっぱりますます相手も初めての人がいいと思ってしまうのではないでしょうか。

そんな色々考えさせられる奥の深いストーリーとなっていますので、是非興味が沸いたら一度よんでみてくださいね。

ぜひ、一度読んでみて下さい!
きっと心に残る漫画の一つになるはずですよ♪

私はここで読みました♪ 「クピドの悪戯 「虹玉」」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
まんが王国で『クピドの悪戯 「虹玉」』を読む

PCの方はこちら↓↓
BookLiveで『クピドの悪戯 「虹玉」』を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です