フリーキッシュ絶望都市のネタバレと感想!無料でみるならここ!

今回ご紹介するのはアメリカのテレビドラマ

『フリーキッシュ絶望都市』をご紹介したいと思います。

予告編はこちら

有名な海外テレビドラマでゾンビを題材にした「ウォーキングデッドシリーズ」のようなゾンビものドラマの学園バージョンのような作品ですが、各エピソードが日本のテレビアニメのように20分弱と短く、サクサク見れてしまうサバイバルパニックドラマです。ゾンビ映画が好きな方におすすめです。

『フリーキッシュ絶望都市』を観るならこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
映画を無料でみる

この作品はhuluの動画配信サービスで見ることができます。お試し無料期間2週間見放題サービスがあり、追加料金やポイントなど無しで全作品無料で視聴可能です。

 

『フリーキッシュ絶望都市』あらすじ

クラブ活動をしている生徒や、学校から罰として呼び出しをされた問題児達がいる土曜日の学校に突然鳴り響くサイレン。

大きな化学工場があるその町では、よくある避難訓練がその日も行われていた。訓練だと思いこみ、20人の生徒とバスケットボールのコーチは学校にあるシェルターに避難するも、謎の振動や携帯電話の異常に不安になった一同は外に出て化学工場が爆発して町が崩壊しているのを目撃する。

家族を心配し、パニックになる生徒たち。少しすると謎の煙が立ち上がり、学校の方にまで流れてくる。驚いた生徒たちは学校に再び非難し学校での避難生活が始まるが、謎の煙に触れたものたちが一人、また一人と狂暴化しまわりの人たちを襲うようになっていく。

なぜ人がゾンビ化するのか?化学工場の爆発した原因は一体何なのか?生き残った生徒たちの学校でのサバイバルがはじまる・・・。

 

『 フリーキッシュ絶望都市』のネタバレ

名前とキャラがわかりずらいので、主要キャラを簡単に紹介したいと思います。

グローヴァー:爆発した化学工場で働く両親がいる普通の学生。ヴァイオレットに好意をもっている。

メアリー:グローヴァーの妹。週末のクラブ活動に参加するため学校に来ていた。ゾンビ化した生徒に噛まれゾンビになってしまう。

ヴァイオレット:問題を起こしたため、学校からの補習授業の呼び出しを受けた一人。化学工場で働いていた父親の影響で薬品や爆弾に詳しい。

ディーゼル:ヴァイオレット同様、週末の補習授業を受けるため登校していた生徒。常にナイフを持ち歩く不良だが弱い者を助ける優しい一面もあり。

ナタリー:生徒会選挙に立候補している優等生。優等生なのになぜか妊娠中。チアリーダーのゾーイとは親友だったが現在は不仲。

ラショーン:バスケットボール部の主将。糖尿病で薬を定期的に投与しないとならない体質。チアリーダーのゾーイと付き合っている。

ゾーイ:チアリーダーでラショーンの彼女。バレットに一方的に好意を寄せられている

バレット:プログラミングやアプリ開発が得意でアプリ開発で億万長者に。しかし自己中心的すぎる性格ゆえか孤立しがち。何か秘密や隠していることが非常に多い。

コーチ:学校内で唯一の大人だったがゾンビにやられ死亡。

ヌードル:ラショーンの親友。ゾンビになったメアリーに襲われ死亡。

ライル:ディーゼルの親友。学校の外に出て行ってしまったため学校に戻ってからゾンビ化してしまう。

アディ:ナタリーの親友。ライル同様に外から帰ってきてゾンビ化してしまう。

最初に紹介した8人で主に話が進んでいきます。

以下、各エピソードのネタバレを書いています。<>内は簡単な各エピソードのあらすじです。

【第1話】<土曜の居残り補習に集められた高校生たち。その時、町の化学プラントで大爆発が起こり、学生らは校舎内から外に出られなくなる。>

最初に誰が主人公だという設定は日本のドラマと違い分かりにくいです。名前で呼びあうシーンも少ないのでドラマの主要メンバーが誰なのか把握しにくい第1話。

爆発する化学工場も何の工場かなども分からず謎だらけですが、その化学工場に依存して生活してる市民が多い町という設定はなんとなく分かります。謎の化学工場爆発⇒謎の煙発生⇒煙を吸ったらゾンビ(?)化という定番パターンで物語が進んでいきます。

【第2話】<クラスメイトが次々に体調を崩し始め、学生たちは各々介抱に当たるのだが、それはただの病ではなく、もっと怖ろしい真実を抱えていた。>

学校から出てしまった生徒が数人帰ってくるのですが、謎の病気になり寝込みます(ゾンビ化決定)第2話ではメインになっていくであろう生徒たちの関係性や背景が少しずつではありますが分かってきます。

そしてついに後半でゾンビ(?)が登場。最後まで名前が分からなかったバスケコーチがゾンビ化した生徒に食べられてしまいます。その現場に出くわしてしまったグローヴァーとの妹メアリーが危機一髪で逃げ切りますがゾンビ化したアディにメアリーが噛まれてしまいます。

【第3話】<グローヴァーがメアリーを護るべく必死の攻防を続ける中、ディーゼルとナタリーは重大な秘密に気付く。その頃、バレットは校舎の外の誰かと交信を試みるのだが・・・。>

ゾンビに噛まれたメアリーが徐々にゾンビに・・・。ゾンビになっていくと嗅覚が鋭くなり、ゾンビ同士コンタクトもとれるようです(あくまでフリーキッシュ内での設定ですが)

あとバレットの行動が謎すぎる。無線で誰かと連絡をとっているのですが謎は深まるばかり。

【第4話】生存者たちに、またしても絶体絶命の窮地が襲いかかる!バレットは、化け物(ゾンビ)に関する情報を集めるべく、ある突飛な方法を思いつく。>

また一人ゾンビの犠牲者が出てしまいます。ゾンビ化したメアリーがヌードルを襲ってしまうのです。ゾーイも襲われますが、ラショーンと共になんとか危機は回避。兄のグローヴァーはなんとかゾンビ化したメアリーを殺さず閉じ込めることに成功。バレットはメアリーに人体実験をしゾンビの情報を得ようとする。

このことを知り怒ったグローヴァーは、妹を助けたいことを仲間に理解してもらおうとするが、バレットの考えに他の仲間は賛同してしまう。

【第5話】<ラショーンがおかしな行動をとるようになり、学生たちは彼が感染しているのではないかと怪しみ始める。その頃、不安を感じていたゾーイとバレットが結託する>

妹メアリーを助けたい一心でグローヴァーはディーゼルと共にゾンビ化したメアリーを学校の外にメアリーを逃がす。そのころ糖尿病のラショーンは薬が切れて幻覚をみて暴れ、昏睡状態に陥る。仲間で薬を探すのですがここでまたバレットの不可解な行動が目をひきます。二本あった薬のうち一本を捨てるなど恋敵であるラショーンへの嫌がらとしか思えない行動をとります。

あとヴァイオレットも皆に言えない何か秘密をもっているのも気になるところ。そしてついに学校の水がとまってしまいサバイバルは過酷になっていきます。

【第6話】<物資が尽き始めたことを受けて、ヴァイオレットとゾーイが協力して、危険なミッションに乗り出す!そしてゾーイとナタリーの隠された過去が明らかになる。>

学校の水道復旧には外に出て修理しなければならない状況に。ただ外に出て救助を求めるためには謎の煙を吸わない為のガスマスクが必要になる。ガスマスクは最初にゾンビたちを閉じ込めたシェルターにあることをグローヴァーが発見する。ヴァイオレットの案で睡眠ガスを作り、ゾンビを眠らせてガスマスクを入手する作戦を立てる。

ただ睡眠ガスを作るには薬品が必要で、薬品がある化学室にいくにはゾンビが潜んでいるため、排気口を使ってヴァイオレットとゾーイの二人が強力して化学室に侵入する。ゾンビに襲われるもギリギリ脱出し無事薬品を入手する。

ゾンビをヴァイオレットが串刺しにして一度倒すのですが、フリーキッシュの中のゾンビも串刺しくらいでは倒せないようです。自分で槍を抜いてしかもヴァイオレットたちが通ってきた排気口に入り込み後を追うという・・・。フリーキッシュのゾンビは知能が高く、運動能力も非常に高くなっているようです。

【第7話】<学生たちは、核シェルターへの移動を試みるが、その決断がグループの一人を犠牲にすることに。そしてグローヴァーは、バレットについて、ある怪しい情報を耳にする。>

ついに睡眠ガスを使ってゾンビを眠らせる作戦を決行します。しかしガスの効果が予想していたより短く、催眠ガスを吸って気を失いシェルターに取り残されたグローヴァーが窮地に立たされます。別室で待機していたゾーイ、バレット、ディーゼルも化学室の排気口から追いかけてきたゾンビに襲われます。

なんとか全員、危機を乗り越えガスマスクを入手するも、使えるマスクはひとつだけ。一体だれが外に救助を求めにいくのか。序盤でヴァイオレットがスマホに残す告白は真実なのか、まだまだ危機や謎は続くのでした。

【第8話】<窮地に陥った学生たちは、外部へ救助を求めざるを得なくなり、一人が危険を冒すことになる。ディーゼルは、元彼女のナタリーとヨリを戻そうとするが・・・。>

助けを求めにガスマスクをつけて外にでる人間はクジでラショーンに決まり、ラショーンは覚悟を決め外部の探索にでる。消防車を発見したラショーンは消防車内を探索している最中、何者かに襲われ音信不通となる。

ヴァイオレットとグローヴァーはゾンビが校内に入ってこないように排気口などを調べて回っていると、ゾンビ化した教師に襲われるがこれを撃退。ナタリーとディーゼルは話をするたびにお互い惹かれあうようになる。二人が寄り添ってソファでくつろいでいると目の前の外部入口に懐中電灯を持った何物かが現れる。

遂に8話になって少しだけ学校の外の世界の様子が現れます。そして謎の訪問者は誰なのか。外にでたラショーンの運命はどうなるのか、ストーリーは佳境に!

【第9話】<学生たちが潜む校舎に、遂に救助が現れ、皆に希望が訪れる。グローヴァーは、自分が知る秘密をしても、ヴァイオレットを信じるべきか、決断を迫られることになる>

遂に救助隊員と名乗るジョン・コリンズが現れます。水道もジョンが救助隊の仲間に無線を送り、水道も復旧し生徒一同は喜ぶ。しかしバレットだけがジョンに疑いのまなざしをむける。ジョンは「ワクチンを打てば外にでられる」とワクチンの投与をすすめる。

皆が脱出できることに浮かれている中、バレットだけがパソコンを分解しているところをナタリーが見かける。バレットが化学工場に関するファイルを消そうとしているところみてナタリーがバレットに詰め寄る。さらにバレットはジョンの持ってきたワクチンを盗もうとするもグローヴァーに見つかり問い詰められるが、バレットはジョンが嘘をついていると説明する。

バレットとグローヴァーはジョンのもってきたワクチンが毒薬だということを知るが、ジョンに拘束されてしまう。救助隊であるジョンを信じているほかのメンバーは、ジョンに集められナタリーがワクチン(毒)を投与されてしまう。

救助隊員がまさかの展開に。外に救助を求めに行ったラショーンの安否も不明なままシーズン最終話へ。

【第10話】<ある裏切り者の存在により、全ては振出しに戻ってしまう。また一人の犠牲が生まれ、化学プラントの爆発に関する最大の秘密が明らかになる。>

ジョンが化学工場の手先で自分達を殺しに来た事故を処理する「掃除屋」だということが判明し、ジョンを拘束するも逃げられ銃を奪われる。負傷したディーゼル以外でジョンを探すも逆にヴァイオレットを人質にとられ、隠していたジョンの防護服を要求される。

ジョンは生徒たちを抹殺するために、地下シェルターに閉じ込めていたゾンビを開放し、学校を去ろうとする。ナタリーは投与された毒の影響が徐々に出始めてしまう。解放されたゾンビに襲われる生き残ったメンバーたち。果たして若者たちは生き残ることができるのか・・・。

シーズン1の結末はどうなるのか、それはぜひご自身でご覧ください!

『フリーキッシュ絶望都市』を観るならこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
映画を無料でみる

この作品はhuluの動画配信サービスで見ることができます。お試し無料期間2週間見放題サービスがあり、追加料金やポイントなど無しで全作品無料で視聴可能です。

 

『フリーキッシュ絶望都市』の感想

ほとんどが学校内のシーンで構成されているので映像に少し見飽きるかもしれませんが、ゾンビ映画やパニックホラー映画などの作品が好きな方にはおすすめです。ゾンビに襲われる描写などはどちらかというとテレビドラマなのでソフトな感じで見やすいかなと思います。(とはいえゾンビの姿や人が食べられている描写は若干グロあり)

最終話のラストも非常に気になる終わり方でしたし、それ以外にも謎が多く、シーズン1では謎が解明されないことが多すぎるので、早くシーズン2を動画配信してほしいですね!気になる方は「hulu」で視聴できます。お試し無料期間でも視聴できるのでぜひご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です