ストレイン沈黙のエクリプス シーズン1全話まとめ!ネタバレや感想!

今回は海外ドラマ

『ストレイン沈黙のエクリプス シーズン1』全話のまとめをご紹介したいと思います。

ストレイン シーズン1予告編はこちら

予告編からは謎のバイオテロやアウトブレイクを想像させる内容ですが、実際は過激なシーン満載なホラードラマ!ヴァンパイアオタクであり、あのSF映画「パシフィック・リム」を手掛た、ギレルモ・デル・トロ監督が放つニュータイプヴァンパイアドラマなのです。

管理人

管理人もどっぷりとストレインの世界にハマってしまいました!!
このまとめでは、ストレインシーズン1を見た感想や見どころ、ネタバレなどを紹介しようと思います。

登場人物紹介

なんといっても海外ドラマなので、メインキャストがわからないと、その世界感に入っていけないと個人的に思うんですよね。ストレインには一応、主人公的立場のキャラはいますが、海外ドラマ特有の主人公並みの個性豊かなキャストが多く、頭がパニックにならないようにシーズン1内で、主要なキャストをご紹介したいと思います!

【エフラム・グッドウェザー(通称エフ)】

本作の主人公的立場?CDC(疾病対策センター)の調査員で疫学者。事故が起こったリージス航空753便に部下ノーラと共に調査にのり込み、事件の異常性を知り深く関わっていく。妻ケリーと息子ザックとは別居中で親権を争っている。部下ノーラとは不倫関係にある。

 

 

【エイブラハム・セトラキアン】

飛行機事故の真相を知る謎の質屋の店主。第二次世界大戦中にナチス軍のユダヤ人強制収容所時代に当時ナチス軍の大佐であるアイヒホルストやヴァンパイアのマスターに出会い異常な体験をする。謎のヴァンパイアを知る人物でヴァンパイアを研究してきた裏の顔をもつ。エフやフェットとヴァンパイアのマスターを倒すために行動をともにする。

 

【ノーラ・マルティネス】

エフの部下でCDC(疾病対策センター)の調査員。エフと同じく疫学者で事件の真相に迫る。エフと意見が対立することも多いが、エフとは不倫関係にある。介護施設に母親を預けている。

 

 

 

【ジム・ケント】

エフの部下でCDCの職員。エフ、ノーラと共に飛行機事故の調査を担当するが密に事件の真相をしる謎の人物アイヒホルストに大金とガンを患っている妻に特別な治療をさせることを条件に協力させられている。

 

 

【ヴァシリー・フェット】

衛生局の害虫駆除課の職員。ネズミ駆除のプロでネズミの異常な行動を目撃し、独自の調査で街に異常事態が起こっていることを知る。ヴァンパイア対策の道具を調達しに行った先で偶然知り合ったエフ、セトラキアンと行動を共にする。ハッカーのダッチといい雰囲気になっていくのだが・・・。

 

 

【トーマス・アイヒホルスト】

元ナチスの軍人で強制収容所時代からのセトラキアンの宿敵。リージス航空753便事件の真相を知り、裏で糸を引く謎の人物だが、その正体はヴァンパイアのマスターの忠実なしもべであり本人もヴァンパイア。大富豪であるパーマーを利用して何かを企てている。

 

 

【エルドリッチ・パーマー】

世界有数の大富豪で、大企業ストーンハート・グループを率いる投資家。生まれつき病弱で臓器移植などを繰り返してはいるが、徐々に衰弱していく。ある目的を果たすために、アイヒホルストとヴァンパイアのマスターに協力している。

 

 

 

【ダッチ・ヴェルダース】

パーマーにインターネットや電話回線をシャットダウンさせるように依頼される凄腕のハッカー。エフやフェットたちが偶然いあわせたコンビニで、ヴャンパイアに襲われるが協力して共に脱出し、街に起こっている混乱の原因を知りエフ達に協力する。フェットといい関係になっていくのだが・・・。

 

 

【オーガスティン・エリザルディ(通称ガス)】

メキシコ系ギャングだが母親の為に真面目になろうとするも、アイヒホルストの脅迫により、リージス753便に不法に積まれていた「棺」を空港から運び出す仕事を依頼されたことから事件に巻き込まれていく。だらしない兄がいるが不仲。

 

 

 

【ケリー】

エフの妻。エフと親権で争っている際中だが、交際中で同居しているマットという彼氏がいる。

 

【ザッカリー(通称ザック)】

エフの11歳の息子。父親エフともっと過ごしたいが、仕事で会えないことも理解している。

 

管理人

とりあえず以上のキャストの関係を理解すればストレインを楽しめやすくなると思いますよ!

ストレイン シーズン1全話の簡単なあらすじ紹介

※注意:ネタバレを含むあらすじとなっています

ベルリン発ニューヨーク行きリージス航空753便がJFK国際空港に到着間際、飛行機の貨物室から何かが飛び出す。そして753便は空港に到着するが、動きが停止し音信不通となる。管制官の呼びかけにも応答がなく、システムは全てシャットダウンし完全に沈黙しており、周りは騒然となる。

バイオテロやアウトブレイクが疑われるため、CDC(疾病対策センター)の疫学者であり、調査員のエフとノーラは防護服を身に着け機体に潜入する。機内には眠るように210人の乗客が死んでいると思われたが、4人だけが息を吹き返す。エフとノーラは貨物室で調査をしていると奇妙な線虫と、積み荷の中にリストに載っていない「棺」を発見する。一方、飛行機のニュースを見た質屋の店主セトラキアンは空港を訪れ、エフとノーラに死体を処分し「棺」を破壊するように進言するも相手にされず、杖に仕込まれている剣を発見され逮捕される。

もっと詳しくあらすじやネタバレを見てみる!

【第一話:ナイト・ゼロ あらすじ】

【第二話:消えた積み荷】

【第三話:不吉な予兆】

【第四話:試される覚悟】

棺は何者かに保管庫から奪われたあと、謎の人物アイヒホルストの雇ったギャングのガスにより空港から運びだされてしまう。さらに飛行機の乗客は検死中に蘇り検死官に襲いかかり、死体の一人である少女エマは自力で自宅に帰り父親と再会する・・・。

管制官が正体不明な何者かに殺され、棺も空港から持ち出されてしまう。唯一の生き残りの乗客4人のうちの一人、弁護士のジョーンの主張で4人は様子がおかしいものの、帰宅してしまいエフとノーラは担当から外されてしまう。大富豪パーマーは根回しをし、リージス753便の事件は飛行機の欠陥によるものと情報を操作する。エフは帰宅した4人のうちの一人、リージス753便の機長に会い協力を呼びかけ機長を検査すると線虫に感染していることが発覚する。他の生存者も体に異変が徐々に起りだし、生存者の一人、歌手のボリバルは血をなめるようになってしまう。検死室から蘇り自力で自宅に帰った少女エマにも変異が始まっており、口から出した触手で父親の血を吸い殺害してしまう。

空港で身柄を拘束されてしまった拘置所の質屋の店主セトラキアンに、因縁のある謎の男アイヒホルストが面会に訪れ「お前には何もできない」とアイヒホルストに警告される。大富豪パーマーはガスの運んだ謎の棺の場所に訪れ棺の中に潜んでアメリカに渡った「マスター」と面会する。

もっと詳しくあらすじやネタバレを見てみる!

【第五話:ストリゴイ】

【第六話:皆既日食】

【第七話:才能への褒美】

【第八話:夜の攻防戦】

アイヒホルストは人間ではなく異形の姿をしたヴァンパイア(物語の中ではストリゴイと呼ばれる)で、ストリゴイのマスターのしもべだった。アイヒホルストはストリゴイの力で自らの命を延命したい大富豪パーマーを利用し、街にストリゴイを増やしていく。

アイヒホルストが関連していることを知ったセトラキアンはリージス753便の乗客を一人ずつ探しだし、ストリゴイになった乗客を抹殺してく。飛行機事件の被害者エマの家に調査にきたエフとノーラはセトラキアンと出会い、改めてストリゴイの脅威が迫っていることを知り、セトラキアンと協力してマスターと戦う覚悟をする。

衛生局の職員でネズミ駆除のフェットは下水道のネズミの異常を察知し、独自に地下道の調査をはじめ、偶然ストリゴイに遭遇しニューヨークに異常事態が発生しているのを知る。ストリゴイ対策の物資調達のために侵入した店で偶然同じ物資を調達にきたCDCの調査員エフトノーラ、全ての原因を知るセトラキアンと出会い、ストリゴイの襲撃に合うが、協力してこれを撃破する。

エフの妻ケリーはストリゴイになってしまった恋人のマットに襲われ、線虫が体内に侵入してしまいストリゴイになってしまい、マスターに利用させてしまう。エフとセトラキアンたちは地下に潜むマスターの棺を発見し、辿り着くがストリゴイの数の多さと、マスターの力の前にエフは殺されそうになるも、フェットの紫外線を利用した武器によりマスターとストリゴイを退散させ地下より脱出する。

もっと詳しくあらすじやネタバレを見てみる!

【第九話:消えゆく者たち】

【第十話:愛しき者】

【第11話:闇からの声】

【第12話:警告】

【第13話:マスター】

大富豪パーマーは病気により、力尽きようとしていたがマスターがパーマーの前に現れ、自分の体液を与えパーマーを助ける。マスターの忠実なしもべアイヒホルストはセトラキアンの質屋を襲撃するもセトラキアンたちは間一髪逃れる。アイヒホルストの襲撃のあと、体制を整えなおしたエフとフェットは調査によりマスターの新たな隠れ家を発見する。

 

エフ、セトラキアン、フェット、ノーラ、ダッチ、ザックはマスターを倒すために歌手ボリバルの住んでいる建物に侵入し、エフとセトラキアンは太陽の日光でマスターを追い詰めるのだが・・・。

管理人

かなり短縮してますが大まかなあらすじはこんな感じです!

セトラキアンの過去の回想ではアイヒホルストやマスターとのエピソードか描かれています。ところどころで回想のエピソードが挿入されているので、セトラキアンがなぜヴァンパイアハンターのようなことをしているのか分かってくると思いますよ!

あと黒フードの軍団やガスのエピソードなども描かれていますが、シーズン2への伏線かなと。シーズン1は多くの謎を残して終わっていくのでした・・・。

『ストレイン 沈黙のエクリプス』を最初から観るなら以下の動画配信サイトがおすすめです!

U-NEXTで視聴する

この作品はU-NEXTの動画配信サービスで見ることができます。お試し無料期間31日見放題サービスがあり、見放題作品は視聴可能です。※この作品は登録後配布されるポイントで視聴可能です。

『ストレイン沈黙のエクリプス』を視聴するなら動画配信サイトHuluもオススメです。

Huluで視聴する

Huluは無料お試し期間は14日間と短いですが、追加料金やポイントなど無しで全エピソードを視聴可能です。

ストレイン シーズン1の感想と残された謎

日本では恐らく放送できないシーンなども多い描写の激しいドラマで、ヴァンパイアやゾンビの要素を取り入れており、ホラー好きの管理人は完全に、このドラマにはまってしまいました!

シーズン1のみでは確かに描き切れないのは仕方ないくらいのストーリー展開で多くの謎が残ったままシーズンは終了してしまいます。個人的に思ったいくつかの謎は以下の通りです。

※ネタバレを含みますのでご注意ください!!

【謎その①】セトラキアンの過去エピソード

小出しでセトラキアンとアイヒホルストのユダヤ人強制収容所時代のエピソードがあったのですが、アイヒホルストとマスターがどうやって出会ったのかや、セトラキアンの妻ミリアムとはどうやって知り合ったのか(ミリアムは全てを知っている感じで物語は進んでました)など、強制収容所後の話があまりなかったのでシーズン2以降に引き継がれていくのでしょうか?

【謎その②】黒フード集団の正体

第7話で初めて登場する謎の黒フード集団なんですが、ほとんどエフやセトラキアンとの絡みはなかったものの、見た目はストリゴイぽいのにしっかりした理性がある上に武装しており一般人を助けたりするんですよね。ギャングのガスもシーズン1の最後の方で、彼らに助けられた上にアジトまで連れていかれ長老と呼ばれるストリゴイ達に面会させられます。一体彼らは何者で今後どう関わってくるかは謎。

【謎その③】パーマーとケリー

やっと目的を果たしたかに見えたパーマーでしたが、どうもストリゴイになったのではないようでしたね。変異はしてないですが、マスターの体液で元気ハツラツになりましたが、どういうことなんでしょうか?今後、お金持ちのストリゴイになっちゃうんですかねー??

エフの妻ケリーも最後の最後で出てきて完全にストリゴイになってしまっていましたが、エフは倒すことができず逃がしてしまいます。シーズン2で息子のザック君との再会はあるんでしょうか・・・気になる!!

まだまだ語り尽くせない謎があるんですが、シーズン2以降で解けていくのか楽しみです!今後のエピソードも順次紹介していけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です