ストレイン シーズン2第六話のネタバレや感想!無料視聴ならここ!

今回は海外ドラマ

『ストレイン シーズン2・第六話』を紹介したいと思います。

シーズン2予告編はこちら

前話の最後に出てきた謎の黒フードのストリゴイに似た人物は敵なのでしょうか。気になる登場の仕方で気になって仕方ない新キャラでした。セトラキアンとパーマーの「オクシド・ルーメン」争奪戦も白熱していきそうですが、どちらが手に入れるのか今後が楽しみですね。

管理人

エフのウイルス作戦はうまくいくのでしょうか・・・
ちょっとマスターがあまり出てこなくなったのですが、アイヒホルストと裏で一体何をしているのか、ストーリーは少し停滞気味のような気がしますね。

前回のあらすじはこちらから

ストレイン シーズン2第五話のネタバレや感想!無料視聴ならここ!

『ストレイン シーズン2・第六話』あらすじ

ワシントンD.C.に到着したエフは友人ロブの口利きで製薬会社ケメロールのリーに接触。病原菌を大量生産する協力を取り付けるが・・・。

ガスはレストランの娘アーニャに一目ぼれし、子供の頃憧れたテレビヒーローのエンジェルがレストランで働いてることもありレストランに入り浸る。出前に出たアーニャにガスとエンジェルは同行するが、出前先でストリゴイに襲われてしまう。ガスがストリゴイを倒し二人は助かり、今身近に起こっている現実を知る。

ノーラとザックはフェラルド市議のストリゴイ討伐本部から帰る途中、ケリーと「夜の子供たち」に襲撃される。

ノーラはセトラキアンに助けを求め、セトラキアンとフェット、フィッツウィリアムがノーラとザックを救助にくるがフィッツウィリアムが攻撃され感染してしまう。

アイヒホルストはボリバルを連れマスターを訪れる。大いなる瞬間をボリバルに見せるつもりだったが…。

『ストレイン シーズン2・第六話』のネタバレ

エフはワシントンでウイルス作戦を実行できる一歩手前までこぎつけるのだが、パーマーの会社ストーンハートの雇った殺し屋にワシントンの友人ロブと製薬会社のリーを殺されてしまい、エフ自身も重症を負い作戦は振り出しに戻されてしまう。

アイヒホルストの用意した棺で眠っていたマスターは遂に目覚る。傷ついた体を捨て、次の体は自分が選ばれると思っていたアイヒホルストの前でマスターはボリバルの体を選び、のり移る。アイヒホルストはボリバルにうつったマスターに対して新たに忠誠を誓う。

『ストレイン 沈黙のエクリプス』を最初から観るなら以下の動画配信サイトがおすすめです!

U-NEXTで視聴する

この作品はU-NEXTの動画配信サービスで見ることができます。お試し無料期間31日見放題サービスがあり、見放題作品は視聴可能です。※この作品は登録後配布されるポイントで視聴可能です。

『ストレイン沈黙のエクリプス』を視聴するなら動画配信サイトHuluもオススメです。

Huluで視聴する

Huluは無料お試し期間は14日間と短いですが、追加料金やポイントなど無しで全エピソードを視聴可能です。

『ストレイン シーズン2・第六話』の感想

エフのウイルス作戦はパーマーに読まれていたんでしょうか、失敗に終わっていまいましたね。

管理人

エフの行動はないわぁ~!ゲスなことばかりしてる主人公に対する罰なんでしょうか(笑)
一応、主人公?だと思うエフですが、ちょっと暴走気味で協調性がなく、部下であったノーラだけでは飽き足らず、協力を要請に行った先の営業さんにまで・・・。そりゃザックもグレますわな。今後もどんなゲスっぷりを出してくるのか必見ですね。

6話ラストで久々にマスターが登場し、サルデューの体からボリバルに体を変えましたが、そんなに活躍してなかった脇役のボリバルが、ここで一気に敵の親玉まで昇格するとは思ってもみませんでした。アイヒホルストは感情ありそうですが、自分がマスターに選ばれなかったことに影響は今後でないんでしょうかね。新たな黒フードの戦士の動向も今後描かれていきそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です