ストレイン シーズン2第十話のネタバレや感想!無料視聴ならここ!

今回は海外ドラマ

『ストレイン シーズン2・第十話』を紹介したいと思います。

シーズン2予告編はこちら

第9話はレッドフック防衛戦でほぼ終わってしまうという展開でした。

管理人

「オクシド・ルーメン」どうなってるの!
そろそろ古代の本「オクシド・ルーメン」について進展してもいいと思うのですが・・・。アイヒホルストとケリーもまだエフ達は倒せていないので今後も何度となく襲ってきそうですね。エンジェルのおじさんが元気なのか個人的には気になるところです。

前回のあらすじはこちら

ストレイン シーズン2第九話のネタバレや感想!無料視聴ならここ!

『ストレイン シーズン2・第十話』あらすじ

パーマーの暗殺を企むエフはダッチと共に狙撃計画を実行するが、失敗に終わり警察に見つかり逮捕されてしまう。パーマー暗殺に失敗し逮捕後、警察署に監禁され絶望するエフの前に意外な人物が姿を現す。

一方、枢機卿から持ち主の名を聞いたセトラキアンはフェットとノーラと共に、ラドヤードという名の人物が住んでいる住所を回り「オクシド・ルーメン」の捜索を続けていた。発見まであと一歩と思われた時、あるニュースがもたらされる・・・。

『ストレイン シーズン2・第十話』のネタバレ

エフはフェラルド市議に会いにきたパーマーを狙撃するが、狙いを外しパーマーの秘書ココを撃ってしまう。瀕死の重傷を負い、意識不明のココを助けるためにパーマーはアイヒホルストにマスターを呼びだすよう命令する。

セトラキアンはフェットとノーラと共に、古代の書「オクシド・ルーメン」を持っているはずのラドヤードという人物の住んでいる住所を順番に訪れている際中にセトラキアン達はパーマー狙撃のニュースを知る。フェットとノーラはエフとダッチが逮捕されたことを知り、セトラキアンと別れ警察署に向かう。

警察署で監禁されているエフとダッチは同じ牢屋に入っていたが、ダッチだけどこかに連れ出され牢屋に入っているエフの前に狙撃したと思っていたパーマーがエフの前に姿を現し、暗殺が失敗だったことを知る。パーマーが去った後、警察署はストリゴイの集団に襲われ牢屋にいたエフも襲われるが、間一髪フェットとノーラが到着しエフは助けられる。

意識不明のココの元にマスターが現れ、マスターは体液をココに与えココの体は回復し意識を取り戻す。パーマーは自らもマスターの力で生きながらえていることをココに話する。セトラキアンは一人でラドヤードの家の捜索を続け、ついに「オクシド・ルーメン」を発見するが、背後から何者かに襲われ気絶してしまう。

『ストレイン 沈黙のエクリプス』を最初から観るなら以下の動画配信サイトがおすすめです!

U-NEXTで視聴する

この作品はU-NEXTの動画配信サービスで見ることができます。お試し無料期間31日見放題サービスがあり、見放題作品は視聴可能です。※この作品は登録後配布されるポイントで視聴可能です。

『ストレイン沈黙のエクリプス』を視聴するなら動画配信サイトHuluもオススメです。

Huluで視聴する

Huluは無料お試し期間は14日間と短いですが、追加料金やポイントなど無しで全エピソードを視聴可能です。

『ストレイン シーズン2・第十話』の感想

エフは本当に行動するたびに問題ばかり起こしますね・・・。まさかミスしてパーマーの秘書を狙撃するとは!

管理人

素人は狙撃とかしてはいけませんね!
そしてまた状況がエフのせいで悪化していくというね・・・、ダッチの行方が気になるところです。ココはマスターのおかげで助かったのはいいですが、パーマーはさらにマスターに協力せざるおえない状況になってしまいましたね。

そして・・・やっと「オクシド・ルーメン」がでたー!けど、いいところでセトラキアンおじいちゃんが・・・どうなっちゃうんでしょうか!?次回に続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です